引越しハッキリ

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 工夫の積み重ね

工夫の積み重ね

仲介業者を選び間違えたために、不動産物件の売却に失敗したというケースが多いです。

 

仲介業者はどこも同じではなく、顧客のことを全く考えない業者も多数存在するのです。

 

査定の価格が相場に合致していないものだったり、物件を売ろうという意欲がなかったり、必要ないほど大げさに広告活動をしたあげく、その費用として高額請求するなど、色々なケースがあります。

 

悪質な仲介業者を選ばないためには、一括査定サイトを利用するなどして、複数の仲介業者から最新の注意を払って選びましょう。

 

古い家でも築年数が30年以上となると、途端に買い手がつきにくくなります。

 

採算を考えつつリフォームや修繕を行うなど、魅力的な物件に近づけることが大事です。

 

あるいは人気の高い地域などであれば、いっそ更地にして土地として売り出すと土地だけを探している人には売りやすいです。

 

取り壊すにもお金がかかりますから、古いまま手を加えずにそのぶん割安にすると、購入者は新築なり改築なり好きなようにできるので助かるというのもあります。

 

ある日、「売却したい」と思い立っても、即日買い手が見つかるものではないのが不動産物件です。

 

だとすると、不動産売却にかかる期間は平均すると、何週間かかるのでしょう。

 

売却する物件がマンションなら12週間程度、一軒家の場合は平均で6ヵ月と言われることが多いです。

 

まあ、あくまで平均ですし、いつまで経っても売れないこともあるでしょう。

 

家を売るスケジュールを立てるならば、その辺も考慮するべきです。

 

何にも増して高価なものが不動産ですから、住宅を売却する際には価格設定は重要で、素人が判断するのは難しいです。

 

同等物件に比べて高ければ売りあぐねるでしょうし、逆に割安すぎても事情を詮索されるかもしれませんから、近隣相場を無視した価格設定はありえません。

 

値下げ交渉になるケースも多く、仲介業者への手数料、家財等の処分費などを念頭において価格設定しないと、売主に入るお金はぐっと減ってしまい、後悔しかねません。

 

家をこれから売ろうとするなら、売手がしておくべきポイントをきちんと抑えておくと査定額が上がることがあります。

 

最たるものは修繕です。

 

建物はさほど古くなくても人が使った分だけ家というのは確実に老朽化が進みます。

 

経年以上に古い印象を与えないよう修繕は必須でしょう。

 

また、清掃も修復の次にしておきたいことです。

 

時期はずれの大掃除だと思い、掃除頻度の低いところもピンポイントでどんどん掃除して清潔感のある明るい家を目指しましょう。

 

こういった工夫の積み重ねが購入者に「選ばれる家」には必ずあるのです。

http://xn--98j7ab61bqeo12qn6bj8dv26au8wiq2b.xyz/